Jacket Home Albums Song index

A Girl In Summer


Blue Planet
海に来て
哀しみのルート16
もうここには何もない
あなたに届くように[album version]
Many is the time
虹の下のどしゃ降りで
Escape
Forgiveness
ついてゆくわ[album version]
時空のダンス
Smile again [Yuming version]



Blue Planet


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

Ridin' on your big wave
この惑星【ほし】のビートで
少なくなった愛を数えないで

悔やんでも仕方ない 二度と同じ波は生まれないの
時間だけ戻らない 思い出との戦い続けるの

くりかえす誤ちに生きる意味を
限りなく次へ行く希望を

求めてた Heaven
めざしてた Paradise きっとどこかにはある

Looking for my sunshine
あなたについていった
泣かなくなって愛を失くしていった

新しく来る日々に せいいっぱいのパドルでこいでゆくよ
焼きついた眼差しに 解けなかった答見つけてゆくよ

いつの日かまたふりむいてくれたら
こんどこそ手を離さないわ

求めてた Heaven
めざしてた Paradise ずっとそこにあるから

青いこの惑星【ほし】を蹴って 宙【おおぞら】を抱いて宙返りしよう

くりかえす誤ちに生きる意味を
限りなく次へ行く希望を

求めてた Heaven
めざしてた Paradise きっとどこかにはある

白い光のナイフでそびえるウォールを垂直に滑ろう
青いこの惑星【ほし】を蹴って 宙【おおぞら】を抱いて宙返りしよう



海に来て


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

遅すぎた春の告白残して
逃げるように ここへひとり来ていた

素足は引き潮に埋もれて
心はあなたへ寄せてゆく
のめりそうな影を 風が抱いてる

どんな不安にかられても
時は戻りはしない

なんて孤独な ああ 私だった
あなたを愛する前の私

あなたと離れて すごしてる日々が
かなりつらくても 微笑めるように

瞳はきらめく沖を見て
乱れる髪 耳でおさえて
泣きそうな気持ち 波がさらうよ

どんな言葉で飾っても
きっと嘘はつけない

なんて孤独な ああ 私だった
あなたを愛する前の私

なんて強がりな ああ 私だった
あなたを愛する前の私



哀しみのルート16


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

涙に濡れたセンターライン フィルムのように流れてゆくよ
長距離便のひくいクラクション ふたり最後の航海の汽笛に

きこえて来る Route 16
心変わり責めないわ

もっともっと好きだった もっともっとあなたより
思い出が多すぎて この道は遠すぎて
戻れない哀しみの Route 16

海が見たいと気まぐれ云って ひきとめたりはしていないけど
フロントグラスたたく雨粒 パイプラインが崩れるような音

きこえて来る Route 16
別れに理由はないのなら

もっともっと会いたかった もっともっといつまでも
そのままのきみでいて 死ぬときもそばにいて
ささやいた約束の Route 16

涙に濡れたセンターライン フィルムのように流れてゆくよ
フロントグラスたたく雨粒 パイプラインが崩れるような音

きこえて来る Route 16
心変わり責めないわ

もっともっと好きだった もっともっとあなたより
思い出が多すぎて この道は遠すぎて
戻れない哀しみの Route 16

そのままのきみでいて 死ぬときもそばにいて
ささやいた約束の Route 16

思い出が多すぎて この道は遠すぎて
戻れない哀しみの Route 16



もうここには何もない


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

灯台の光の帯が もう 白む空に消えてゆく頃
思い出に耳を澄まして ただ 車のドアにもたれかかった

流れ星があなたの肩のあたりで燃え尽きてた

Sunrise, good days 空と海が
Sunrise, 待たず 離れてゆく

いつまでもここに このままでいたい
倒れた砂時計のように

この先は何もないから もう 何かを選ぶ哀しさもない
波音に沈黙だけが ただ 残された思いを叫んでた

未来はいつも後から来ては全てをさらってゆく

Sunrise, good days 夜と朝に
Sunrise, たえず挟まれてる

いつまでもここに このままでいたい
乾いた貝殻のように

Ah Ah 流れ星があなたの肩のあたりで燃え尽きてた

Sunrise, good days 空と海が
Sunrise, 待たず 離れてゆく

いつまでもここに このままでいたい
倒れた砂時計のように

Sunrise, good days 気づかぬうち
Sunrise, 見えず流されてた
Sunrise, good days もうここには

Sunrise, good days もう何もない
Sunrise, good days もうここには
Sunrise, good days もう何もない

いつまでもどこに このままでいるの
倒れた砂時計のように



あなたに届くように[album version]


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

もう そちらでは夏のようですか
また いつか訪ねてもいいですか

わけもなくとび出した 行く先のないチケットを抱いて
あてもなく降り立った あの日のことを覚えてますか

ずぶ濡れの私を あなたはどう思ったでしょうね

もう そちらでは夏のようですか
また いつか訪ねてもいいですか

何もいわずに 何もきかずに
うけとめてくれて ありがとう

お元気ですか かわりなく 今年のサクラは終わったけれど
立ち止まり ふりかえる いつしかくせがついてしまった

さよならはとうとう ふたりともいえなかったね

あのとき私が置き忘れた
苦い思い出はまだありますか

できることなら とりに行きたいと
思う今日このごろです

もう そちらでは夏のようですか
また いつか訪ねてもいいですか

あなたの顔も 忘れかけても
無性に会いたくなるんです



Many is the time


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

忘れかけてた横顔
描きかけのデッサンみたい
静かに降りだした雪
今 夜更けのカフェにひとり

Many is the time
as much as you call me 心をしめつけるの
Oh, many is the time
as much as you love me 電話の向う側

もし この街を通るときには 声をきかせてよ

銀に煙る街燈を
流れゆく雪たちの
声にならない言葉を
ぼんやりと聞いていた

Many is the time
as much as you call me 残るよ耳の底に
Oh, many is the time
as much as you love me 不在を知らせてる

もしも全てが変わっていても 声が聞きたいわ

もし あの頃を思い出したら 声をきかせてよ
もし この街を通るときには 声をきかせてよ
もしも全てが変わっていても 声が聞きたいわ

もし あの頃を思い出したら 声をきかせてよ
もし この街を通るときには 声をきかせてよ
もしも全てが変わっていても 声が聞きたいわ



虹の下のどしゃ降りで


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

タメ息で曇ってた この胸を
突然に弾くような 着信は
ずっと待ったと見せないように 2回きいて出るわ

ひさしぶり 忙しくしていたの?
どんなこと 考えてすごしたの?
少しだけでも 私のことを 思いうかべたりした?

打ち明けるわ Shooby dooby doo wap 強がらないで
すぐ会えるわ Shooby dooby dooby doo wap いつもの町で

虹の下のどしゃ降りで 待ち合わせしましょう
あなたの声がきけたら あとはきっとお天気

タメ息でめくってた カレンダー
約束の日付には マルをした
だって このまま離れるなんて思わなかったから

泣きたいのは Shooby dooby doo wap あなただけしか
見えないのは Shooby dooby dooby doo wap 私の負けね

夕方近い人ごみに あなたを見つける
笑って手をあげたなら そこはきっとお天気

虹の下のどしゃ降りで 待ち合わせしましょう
あなたの声がきけたら あとはきっとお天気



Escape


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

暗号は瞳の奥に光るから解読して
ミッションはあなたをここから救うこと命がけで

非常階段きしむ キャットウォーク飛び移りながら
空から垂れたロープ 待ってるヘリコプター

星空へ飛び立とう あなたと手をつないで
銃声をおいて

セルラーはすぐに捨てるの 逆探知されてるから
今だけは私のことを信じて 何もきかず

危険地帯を越えて それでもいっしょにいられたなら
エピローグはかならず 待ってるラヴシーン

星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ
サイレンの中を

星空へ飛び立とう あなたと手をつないで
銃声をおいて

星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ
サイレンの中を

星空へ飛び立とう あなたと手をつないで
銃声をおいて



Forgiveness


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

遠い雲の切れまに 夕日がのぞいて
帰り道わかるあいだに 仲直りしようよ

そっと 手のひら出して ごめんねの気持ち
乗せるから 風に向かって やさしくよりそって

ゆるし合う ほほえみは 神様にもらった
最高の贈りもの どんなことがあっても
大切な誰かを ずっと愛し続けるため

やっとわかり始めた なぜ出会ったのか
これからも 数えきれない 涙があることも

信じ合う まなざしは 神様にもらった
特別な愛の力 孤独に負けないで
大切な誰かを 心に持ち続けるため

ゆるし合う ほほえみは 神様にもらった
最高の贈りもの どんなことがあっても
大切な誰かを ずっと愛し続けるため

信じ合う まなざしは 神様にもらった
特別な愛の力 孤独に負けないで
ゆるし合う ほほえみは 神様にもらった
最高の贈りもの どんなことがあっても



ついてゆくわ[album version]


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

ゆうべの嵐に 光は澄み渡り
僅かに残された 花もやがて空をゆく
あなたの足あと その後ろ姿を
私は忘れない だからいつもひとりじゃない

時は戻らないと 知っているけど
ふり向いた笑顔が 思い出になる

いつまでも そばにいて
私のあなたでいて
心に描いただけの 幻でも
あなたに ついてゆくわ

確かなものなど どこにもないけれど
あなたと歩いている 気づく人のない季節

葉桜の並木が続く坂道
敷きつめた花びら 溶けて消えても

いつまでも そばにいて
私のあなたでいて
心に描いただけの 幻でも
あなたに ついてゆくわ

いつまでも そばにいて
あなたの私でいて
心に描いただけの 幻でも
あなたに ついてゆくわ



時空のダンス


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

伝説の波がやって来るとき
まぼろしの虹が現れるという

今 あなたの瞳にうかぶのを私は待ち焦がれていた
もう恐れさえ味方にして
向かってゆくよそこまで

夢に見た雲がうず巻いている
陸からの風を背中にうけて 速く

遥かなる時を超えて やっと巡り会えた恋人よ
あなたのために 生まれて来たの
漕ぎ出した肩先には 見る見る立ち上がる水の壁
昇りきったら 愛し合おう

まぶしさに閉じた瞼の裏に
永遠の虹が灼きつけられる 強く

あなたに身をまかせたなら さあ時空のダンスを踊ろう
モーゼのように 海を分けて

伝説の波がやって来るとき
まぼろしの虹が現れるという

今 あなたの瞳にうかぶのを私は待ち焦がれていた
もう命さえ追い越して
向かってゆくよそこまで

夢に見た雲がうず巻いている
明日からの風を背中にうけて 速く



Smile again [Yuming version]


作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆

泣きながら別れたあの日
すぐまた会えるよと云って
ゲートから手をふった
あなたはもう知っていたの 最後と
I wanna see your smile, again もう一度
あなたの顔を見たい 今でも

こんなに世界は近いのに
ちがう運命を生きてゆく
ガラス越しにふりむいた
あなたの目は何を云おうとしてたの
I wanna see your smile, again もう一度
笑いかけてよ いつかみたいに

友達でいることすら
かなわないと知っていたの 本当は
I wanna see your smile, again もう一度
あなたの顔を見たい 今でも
I'm gonna find that mile, again もう一度
あなたを愛している 今でも





Thank you for not smoking.