Jacket Home Albums Song index Romaji

COBALT HOUR


COBALT HOUR
卒業写真
花紀行
何もきかないで
ルージュの伝言
航海日誌
CHINESE SOUP
少しだけ片想い
雨のステイション
アフリカへ行きたい



COBALT HOUR


作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

夜の都会を さあ飛び越えて
1960年へ
バックミラーに吸いこまれてく
ちりばめられた 光の中へ

港へ続く高速道路
空を流れるミルキィウェイさ
海の匂いの冷い風が
白いベレG包みはじめる

夜明けの金星 消えゆく空はコバルト
真夏の棧橋 彼方に浮かぶ朝焼け

あなたは昔 SHONAN-BOY
わたしは昔 YOKOSUKA-GIRL
なつかしすぎる海が見えたら
二人の胸によみがえる恋

夜明けの金星 消えゆく空はコバルト
真夏の棧橋 彼方に浮かぶ朝焼け
彼方に浮かぶ朝焼け



卒業写真


作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

悲しいことがあると開く皮の表紙
卒業写真のあの人はやさしい目をしてる

町でみかけたとき 何も言えなかった
卒業写真の面影がそのままだったから

人ごみに流されて変わってゆく私を
あなたはときどき遠くでしかって

話しかけるようにゆれる柳の下を
通った道さえ今はもう電車から見るだけ

あの頃の生き方をあなたは忘れないで
あなたは私の青春そのもの

人ごみに流されて変わってゆく私を
あなたはときどき遠くでしかって

あなたは私の青春そのもの



花紀行


作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

見知らぬ町を ひとり歩いたら
風は空から 花びら散らす
過ぎゆく春の 投げる口づけは
髪に両手に はらはら停まる

この場所で嵐見送れば
時の流れに 埋ずもれてしまう

薄紅が なんて優しいの
拾い集める人もいないのに

見知らぬ町を ひとり歩いたら
風は空から 花びら散らす
髪に両手に はらはら停まる



何もきかないで


作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

何もきかないで どこから来たのか
何をしてきたか あなたはきかないで

テラスに広がる 星空見てると
昔から二人 こうしているみたい

あなたはあなたの 私は私の淋しさ
心の隙間を埋め合えれば それでいいのよ

もっともっとはやく めぐり会えたなら
悲しい秘密は なかったはずなのに

あなたは私の 私はあなたの面影
離れた町から思い出せば それでいいのよ

だからきかないで どこから来たのか
さよならするまで あなたはきかないで

何もきかないで
あなたはきかないで



ルージュの伝言


作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

あのひとのママに会うために
今、ひとり列車に乗ったの
たそがれせまる街並や車の流れ
横目で追い越して

あのひとはもう気づくころよ
バスルームにルージュの伝言
浮気な恋をはやくあきらめないかぎり
家には帰らない

不安な気持を残したまま
街は Ding-Dong 遠ざかってゆくわ
明日の朝ママから電話で
しかってもらうわ My Darling!

あのひとはあわててるころよ
バスルームにルージュの伝言
てあたりしだい友達にたずねるかしら
私の行く先を

不安な気持を残したまま
街は Ding-Dong 遠ざがってゆくわ
明日の朝ママから電話で
しかってもらうわ My Darling!



航海日誌


作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

船が夜をすべり 港へ向かうころ
傷ついた心も やがて消えゆく
星くずと私の 静かなランデブー
潮風のデッキは 人影もなく

遠く去ったあの人の声がきこえる
あふれる想いに まだ胸は熱いけれど
きらめく海に捨てよう 後悔日誌
はるかな船旅のあいだにつづった
哀しみは

あのころの私は こわれたグランドピアノ
かなでる曲はただ せつないノクターン
うつろう青春に身をまかせていれば
長い人生さえ 宇宙のかけら

遠く去ったあの人の声がきこえる
あふれる想いに まだ胸は熱いけれど
きらめく海に捨てよう 後悔日誌
はるかな船旅のあいだにつづった
哀しみは
きらめく海に捨てよう 後悔日誌
はるかな船旅のあいだにつづった
哀しみは



CHINESE SOUP


作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

椅子に座って爪を立て
莢えんどうのすじをむく
莢がわたしの心なら
豆はわかれたおとこたち

みんなこぼれて鍋の底
煮込んでしまえば 形もなくなる
もうすぐ出来上がり

あなたのために Chinese soup
今夜のスープは Chinese soup

遅い帰りを待つときは
プティオニオンのみじん切り
涙のひとつも流したら
少し気にしてくれるでしょ

みんなこぼれて鍋の底
煮込んでしまえば 形もなくなる
もうすぐ出来上がり

あなたのために Chinese soup
今夜のスープは Chinese soup

あなたのために Chinese soup
今夜のスープは Chinese soup



少しだけ片想い


作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

走り去る車に 小さく投げキッス
家まで送ったら それでサヨナラ
こんなこといつまでくり返すのかしら
わたしは待ってるの やさしいプロポーズ

いつだって I Love You More Than You
You Love Me
少しだけ片想い More Than You

真夜中の電話は 世間ばなしばかり
それさえ12時まで シンデレラ・リバティー
のんびりとかまえて あなたは知らないの
恋する気持には 羽根がはえてる

いつだって I Love You More Than You
You Love Me
少しだけ片想い More Than You

ほかの娘のはなしを 平気でするあなた
わたしのやきもちを 楽しんでるの
ブーメランみたいに 遠くへ飛ばしても
わたしがかえるって 思ってるのね

いつだって I Love You More Than You
You Love Me
少しだけ片想い More Than You

いつだって I Love You More Than You
You Love Me
少しだけ片想い More Than You

いつだって I Love You More Than You
You Love Me
少しだけ片想い More Than You



雨のステイション


作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

新しい誰かのために
わたしなど 思い出さないで
声にさえもならなかった あのひと言を
季節は運んでく 時の彼方
六月は蒼く煙って
なにもかもにじませている

雨のステイション
会える気がして
いくつ人影見送っただろう

霧深い町の通りを
かすめ飛ぶつばめが好きよ
心縛るものをすててかけてゆきたい
なつかしい腕の中 今すぐにも
六月は蒼く煙って
なにもかもにじませている

雨のステイション
会える気がして
いくつ人影見送っただろう
雨のステイション
会える気がして
いくつ人影見送っただろう



アフリカへ行きたい


作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

月は神話をのせ 今日も海へ帰る
太陽は漕ぎ出し やがて天の瞳
夢のアフリカへ 探しに行こう
胸の奥に眠る涙に めぐり会いたい

Iron Butterfly
Iron Butterfly
銀色のセスナに乗り

翼の影の下 サバンナが流れてゆく
土煙りを上げて ドラマが通り過ぎる
夢のアフリカへ 探しに行こう
人が忘れ去った野生に めぐり会いたい

Iron Butterfly
Iron Butterfly
銀色のセスナに乗り
Iron Butterfly
Iron Butterfly
銀色のセスナに乗り
Iron Butterfly
Iron Butterfly
銀色のセスナに乗り





Thank you for not smoking.